看護学科実習指導教員 山本からのメッセージ

1.担当科目紹介

−臨地実習:基礎看護学T実習−(1年次)

医療を受ける対象を取り巻く環境、必要とされる看護とは何かを理解し、看護実践に必要な基礎的知識・技術・態度を学びます。

−臨地実習:基礎看護学U実習−(2年次)

看護実践に必要な基礎知識・技術・態度を統合し、健康障害を持つ対象に看護過程の展開を学びます。

−臨地実習:成人看護学実習T−(2〜3年次)

急性期にある成人期の対象の特徴を理解し、周手術期看護を実践するための知識・技術・態度を学びます。




2.看護師を目指す皆さんへ

看護師を目指す動機は人それぞれ様々だと思います。

看護学校での生活は、講義・学内演習・試験は筆記に実技、そして実習と想像以上にハードな毎日になるかもしれません。

当校では、学生の皆さんが看護学科での学習を円滑に進められるよう、学校全体で学生指導・学習支援を行っています。

皆さんが看護師を志した動機や入学目的を問いながら、可能性を信じて学生生活のあらゆる状況に適応する力を養うことで、自立・自律した看護師になることができるよう支援したいと思っています。

ひとりでは乗り越えられない困難も、周囲の仲間に相談したり、助け合ったりしながら共に看護師を目指す仲間たちと頑張って進んでいきましょう。





3.自己紹介

実習指導教員の山本です。

病院実習では現場でいきいきと働く看護師の姿をみて、看護師を目指す気持ちを新たにできることでしょう。

『看護師になる』という目標を達成してほしいと願っています。