看護学科専任教員 石黒からのメッセージ

1.担当科目紹介

−基礎看護学方法論W・Y−(1年次)

人間の生活行動を人間の本質と看護の視点で捉え、人々の健康と生活の質の向上に資する看護実践の方法を学びます。

−在宅看護論方法論U−(2年次)

医療を受けながら在宅で過ごす療養者の援助方法を学びます。

−在宅看護論方法論V−(2年次)

事例をもとに看護過程を展開し、在宅看護の特徴を学びます。

−看護研究−(3年次)

看護の分野における研究の必要性を理解し、質の向上を目指して改善方法の考案へと継続できるように研究の基礎を学びます。

−臨地実習:基礎看護学T実習−(1年次)

医療を受ける対象を取り巻く環境、必要とされる看護とは何かを理解し、看護実践に必要な基礎的知識・技術・態度を学びます。

−臨地実習:基礎看護学U実習−(2年次)

看護実践に必要な基礎知識・技術・態度を統合し、健康障害を持つ対象に看護過程の展開を学びます。

−臨地実習:老年看護学T実習−(2年次)

老年期を生きる対象の生活機能の変化や健康障害が生活に及ぼす特徴を捉え、健康の維持促進・回復に必要な看護を実践する知識・技術・態度を学びます。

−臨地実習:在宅看護論実習−(3年次)

健康の連続性と看護の継続性、保健医療福祉の連携を理解し、在宅療養者と家族の健康生活に対する看護が実践できる知識・技術・態度を学びます。




2.看護師を目指す皆さんへ

人はそれぞれに違った背景を持ち、希望に向かって生きています。それは健康障害を持った療養者も同じです。相手の心に寄り添い、その人らしい生活が送れるよう、お手伝いをしてみませんか。新たな人間関係は、自分を大きく成長させてくれます。一緒に楽しく学びましょう!





3.自己紹介

生れも育ちも富山です。十数年総合病院で働きましたが、「家に帰りたい。」と願う患者さんの希望を叶えるために、在宅看護の世界に飛び込みました。

病院では見せない療養者の笑顔がとても素敵で、今でも忘れることができません。そんな在宅看護の素晴らしさを、皆さんに伝えられたらと思っています。