看護学科専任教員 古栃からのメッセージ

1.担当科目紹介

−基礎看護学方法論U−(1年次)

フィジカルアセスメントの概念を理解し、適切な看護を提供するためのアセスメント技術を学びます。

−母性看護学概論−(2年次)

母性看護の概念と母性の対象及び特性を理解し、看護の機能を学びます。

−母性看護学方法論T−(2年次)

妊娠・分娩・産褥期の母性及び新生児の生理的変化を理解し、健全な母性機能を発揮するために必要な知識を学びます。

−母性看護学方法論V−(2年次)

正常経過をたどる褥婦と新生児の事例を通して、アセスメントから計画立案・評価などの看護過程について学びます。

−臨地実習:基礎看護学T実習−(1年次)

医療を受ける対象を取り巻く環境、必要とされる看護とは何かを理解し、看護実践に必要な基礎的知識・技術・態度を学びます。

−臨地実習:基礎看護学U実習−(2年次)

看護実践に必要な基礎知識・技術・態度を統合し、健康障害を持つ対象に看護過程の展開を学びます。

−臨地実習:母性看護学実習−(2〜3年次)

母性看護の対象者は、すべての年代の女性です。女性の一生を通して考えることにより母性の役割を広く捉え、健全なライフサイクルを送るにはどうしたら良いのか、実習を通して学びます。




2.看護師を目指す皆さんへ

自分の関わりが、少しでも受け持ち患者さんを元気にする助けとなり、自分自身も元気をもらえるのが看護職だと思います。患者さんのために何をさせていただいたらよいか、一緒に援助を考えていきましょう。





3.自己紹介

総合病院での助産師勤務、保育所勤務を経て、当校に来ました。
「為せば成る 為さねば成らぬ 何事も」を心にとめ、取り組んでいます。
常に前向きに物事を考えるようにし、プラスに転換できるように頑張っています。