看護学科専任教員 横道からのメッセージ

1.担当科目紹介

−基礎看護学方法論Z−(1年次)

薬物療法の意義・目的及び安全について与薬を行うシステムについて理解し、薬物療法を受ける患者さんに必要な援助方法を学びます。また、検査時の看護者の役割を理解し援助技術を学びます。

−基礎看護学方法論[−(2年次)

治療処置に伴う援助技術と特殊な状態における援助技術を学びます。患者さんの病気と看護行為の目的を関連付け、安全な技術の基本を学びます。

−精神看護学−(2年次)

人間の心の健康及び発達に影響を与えている要因を理解し、心の健康を維持するための援助を学び、心のバランスをくずしている人や精神に障害をもつ人とその家族に対して、看護を実践する基礎的能力を習得します。

−臨地実習:基礎看護学T実習−(1年次)

医療を受ける対象を取り巻く環境、必要とされる看護とは何かを理解し、看護実践に必要な基礎的知識・技術・態度を学びます。

−臨地実習:基礎看護学U実習−(2年次)

看護実践に必要な基礎知識・技術・態度を統合し、健康障害を持つ対象に看護過程の展開を学びます。

−臨地実習:精神看護学実習−(2〜3年次)

精神に健康障害を持つ対象者の特徴と地域社会で生活する上での必要な社会資源を理解し、看護の実践するために必要な基礎知識・技術・態度を学びます。




2.看護師を目指す皆さんへ

看護師は、心身両側面から人を支えるために、自らたゆまぬ努力をしていく魅力ある専門職です。また、看護師は人から支えられていることも、日々実感できる職業です。「少しでも誰かの役に立ちたい。」という、あなたの思いを実現するために、この学校で学びませんか?一緒に歩んでいきましょう。





3.自己紹介

看護の道に入り、これまで多くの人に支えていただいてきたという思いでいます。それは患者さんや職場のスタッフ、そして家族です。こんなに長く看護師を続けていられるのも、自分を支えてくれる人がいて、その方たちに応えるために、自分自身が、学び続ける前向きな姿勢でいることができたからだと思います。これからも、学びを深め少しずつでも成長し続ける自分でありたいと思います。