理学療法学科教員 宮原からのメッセージ

1.担当科目紹介

理学療法学科専任教員の宮原といいます。私は、人体の機能、理学療法の専門的な検査・測定及び治療に関する科目を担当しています。

−生理学−(1年次)

人体の機能に関する科目です。運動器、呼吸器、循環器、消化器、泌尿器などの働きについて学びます。

−運動生理学演習−(2年次)

人体の機能に関する科目です。1年次に学んだ筋力・呼吸・代謝・循環の理解を深めるために、担当教員の指導のもとで学生が測定・発表・討議を行います。

−理学療法評価学U・W−(2年次)

理学療法の専門的な検査・測定に関する科目です。専門的な各種検査・測定手段を理解して、技術を習得します。

−中枢神経系障害U−(3年次)

理学療法の専門的な検査・測定及び治療に関する科目です。脊髄損傷に合併する麻痺や内科的疾患などの、様々な障害に対する理学療法を学びます。急性期・回復期などの病期に分けて、事例検討を交えながら、特有な検査・測定手段、そして各種治療を理解して技術を習得します。

−研究法−(3年次)

医療・福祉の専門職種として、質的向上を図る上で欠かすことのできない研究活動の基礎を学びます。教科書には載っていない様々な疑問に対して、自らの力で答えを導き出す能力を養います。




2.理学療法士を目指す皆さんへ

 当校の在学生・卒業生の成長した姿をみて思うのは、志と地道な一つ一つの積み重ねが如何に大切であるかです。もちろん、それはどんな職業も同じですが。理学療法士を目指す上でも最も大事なことだと思います。

 また、医療・福祉の現場では、専門的な知識と技術だけでなく、対象者の人生観・価値観・習慣などを含めた個人の生き方に関心を持ち、理解することがとても大切だと思います。その一人一人の目指すライフスタイルを共有することが、対象者の励みともなり、信頼へと繋がり、治療の原動力となります。そのためにも、学業に励みながら、自分自身と周りの人間のライフスタイルにもしっかりと目を向けることが大事だと思います。



3.自己紹介

 高校時代に恩師のボランティア活動に共感し、「困っている人の役に立ちたい」という思いから理学療法士を志しました。そして入学したのが当校であり、一期生として卒業した後、県内の病院で約7年勤務し、平成19年に富山医療福祉専門学校の理学療法学科に着任しました。毎日が大変ですが、諸先輩方や卒業生、そして学生に支えてもらいながら、充実した教員人生を送っております。これからも初心を忘れずに、「困っている方々のお役に立てる」学生が育つように、教育活動を一生懸命頑張ってまいります。