理学療法学科教員 徳田からのメッセージ

1.担当科目紹介

−理学療法障害学−(2年次)

リハビリテーション医学の学問的中核は障害学である。
この科目では人間の運動機能、知的機能、心肺機能について学びます。

−運動・生理学演習−(2年次)

人間の筋肉は神秘である。その筋肉には骨格筋や心筋などがある。
その謎について節電図測定装置、心電図測定装置を用いて学びます。

−物理療法学−(2年次)

電気、温熱、寒冷、光線、水、力などの物理的エネルギーが生体に及ぼす影響について学びます。科目は講義と演習からなり、演習では学生さん同士で色々な物理療法機器を体験し知識・技術を習得しています。

−理学療法評価学U−(3年次)

理学療法評価学総論、理学療法評価学Tで学んだ知識や技術を統合する演習を取り入れています。また、病院で実施される心電図検査、レントゲン検査、筋電図検査などの検査所見について学びます。

−内部障害−(3年次)

心臓の疾患や代謝の疾患に対する運動療法の知識や技術を学びます。
また、外来講師による呼吸器疾患の運動療法の知識や技術を学びます。




運動・生理学演習の授業風景
〜心電図の測定〜



2.理学療法士を目指す皆さんへ

誰もが心身共に健康であることを望んでいます。しかし不幸にして病気や怪我で健康を損ない、援助を求めている方に自らの知識と技術を提供できる職業は、すばらしく、また感動に満ちたものです。その感動を得るために常に向学心、向上心を持ち続けてください。
海に浮かぶ帆船は向かい風でも前に進む術を学んでいます。
皆さんも社会の向かい風に負けない術を学んでみませんか!



3.自己紹介

高校3年生の夏休み頃に理学療法士という職種をしり、理学療法士を志しました。

埼玉県にある養成校に入学し、卒業後は横須賀市立市民病院に約3年、NTT金沢病院に約6年勤務し、平成8年に富山医療福祉専門学校の理学療法学科に着任しました。