理学療法学科教員 城戸からのメッセージ

1.担当科目紹介

−理学療法概論−(1年次)

リハビリテーションとは何か、理学療法(士)の役割とともにその対象や職域、業務内容、今後の展望などについて学びます。
理想とする理学療法士像について考えたり、理学療法士の勤務する施設の見学も取り入れています。

−運動生理学演習−(2年次)

特に運動に必要な生理機能に関する演習を行います。筋力、呼吸、循環、代謝といった機能について、実際にデータを測定することで、生理学で学んだ事柄を確認したり、実際の現象を分析する応用力を養います。

−運動療法学−(2年次)

運動療法の基本的な原則や生体への影響について学び、関節可動域運動、筋力強化運動、協調性運動、水中運動療法なども含めその他の運動療法の知識と技術を学びます。




運動療法学の授業風景
〜関節可動域運動〜


−中枢神経系障害T−(3年次)

多彩な神経症状が生じる脳血管障害や神経疾患について、その発症直後における急性期の治療から家庭復帰への援助まで学びます。



2.理学療法士を目指す皆さんへ

リハビリテーションは予防医学や治療医学に続く第3の医学といわれたり、障害を対象とすることから障害学ともいわれます。しかし、基本的に障害を乗り越える “プラスの医学” という呼び方の方が妥当ではないかと考えます。
リハビリテーションを担う理学療法士には、前向きに、明るく、生活や運動に関していろいろな工夫をしたり、新しい知識や技術を身に付ける積極的な人材が求められるのです。
さらに、人と接するのがすき!体を動かすのが好き!勉強も遊びも好き!困っている人を放っておけない人情派である一方、医療や福祉に興味を持ち広い視野からも考えることが出来るクールな一面を持った(ちょっと欲張り?)、そんな人に適しているのではないかと思います。

しかし、4年間で基本的な知識、技術を学び、臨床実習で経験を積み、国家試験を合格するには大変な努力を要しますので、適性ばかりではなく、理学療法士という職種を充分に知って、絶対に自分がなるんだという情熱のある方こそが理学療法士にふさわしい人と考えられます。

当校に入学された学生諸氏は熱心に、そして楽しく、クラスの仲間と一緒に理学療法士になるための知識や技術を1つ1つしっかりと身に付けています。同じ志を持った仲間同士のパワーも素晴らしく、それはきっと自分自身を超えた力を与えてくれることになると思います。
入学すると理学療法士としてのゼロからのスタートとなります。
目標を持って、前向きに、プラス思考で素晴らしい理学療法士になってほしいと考えています。



3.自己紹介

城戸智之(キド トモユキ) 理学療法士歴20年以上、理学療法士になって良かったと思うのは、人間の体の素晴らしさや自分の体のことを知ることができたこと、患者さんの状態が良くなっていくときに自分も変化していくように感じて喜びをたくさん分けてもらったこと、仕事に対して自分の趣味のように熱中できたことです。
そういう理学療法士の仕事を皆さんと共有したいと思い、今は理学療法士プラス教員として活動しています。